Home » セフレアプリ » やれるアプリで会った会社経営の男性

やれるアプリで会った会社経営の男性

あるやれるアプリで私にメールをくれた会社経営の男性。
本当に紳士で面白くて頭の良い人でした。
バツイチ子持ちということでしたが、気さくに話せてすぐに仲良くなれました。
毎日にようにメールをし、ある日ついにふたりきりで会おうという話になりました。
彼は少し変わった性癖があって、エッチをしている最中に動画を撮って、後でひとりで見るのが好きな人でした。
ホテルで初対面した彼は長身でいかにも経営者という感じ。
黒いアタッシュケースみたいなバッグの中は、セックスの時に使うものがたくさん入っていました。
大人のおもちゃ、精子殺傷剤(今では発売してない)、ローションなどです。
昼間からホテルの一室で、私は彼にされるがままでした。
まず、大人のおもちゃで責められ、何度も何度もイカされてしまいました。
もちろんこの時も動画を撮られていました。
カメラ越しに『いいね~』と彼が言います。
私はたまらずに『もう入れて?』と聞くと、『今やっちゃったら、夜に楽しめないから』と断られ、二人で食事に行くことに。
その時も、ストッキングの中にローターバイブを仕込まれた私。
彼はローターのリモコンを握り、好きな時にスイッチを入れます。
私は思わず『あぁっ!』と声を上げてしまいました。
私を好きにコントロールできる彼は満足気な表情でした。
それからホテルに帰って、じっくりとセックスをはじめました。
彼は私を窓際に立たせ、立ちバックで後ろからついてきました。
ふたりが繋がっている姿が夜のホテルの窓に写り、すごくエロかった。
それに興奮して彼は私の中に放出して、イッテしまいました。

Comments are closed.